HomePage Image Large.jpg

日本は現在、世界第三位の経済大国である。総生産性が-0.2%まで低下している中、生産性と成長に舵を切れるかどうか、極めて重要な局面を迎えている。デジタル化は、そんな日本にとって1つの兆しであるが、勇気ある大胆な計画が無ければ、機会を活かしきれないだろう。

 

日本は、デジタル競争力で世界27位、デジタル人材力で22位、スタートアップ生態系の成熟度で17位と低迷しており、かつ、デジタルサービスの浸透率はほとんどの分野で1桁%である(例: 電子商取引が9%、デジタル医療が8%、デジタル政府系サービスが7%)。明るい未来を創るためのデジタル化の余地は十分に大きく残されていると言える。

 
デジタル技術と働き方

CONTACT US

If you have found an inconsistency in the text, have a suggestion, or any other issue, please contact us here.

Thanks for submitting!